お悩み

父親の言うことを聞かない…お困りのあなたにオススメの作戦…!

子どもがお父さんの言うことを聞いてくれない…

そんな風にお困りのあなたにオススメ…!

名付けて…

父親は子どもに『お父さんはすごい!』と思わせよう作戦

内容はいたって簡単です。

なんでもいいので、子どもに『お父さんはすごい!』と感じさせましょう!

子どもが父親を軽くみたり、言うことを聞いてくれないのはお父さんを尊敬することが出来ていないからです。

たとえば、父親が子どもに「勉強しないと将来苦労するぞ」と言ったとしましょう。

よく聞くセリフですよね。

私も小さいころよく言われましたが、「あー、はいはい」と軽く流していました。

皆さんも同じようなことありませんでしたか。

ですが、もし同じ言葉を学校の校長先生が言ったとしたらどうでしょう。

「あ、勉強しないとヤバいのかな…」と感じるのではないでしょうか。

それはなぜか…

”言葉に重みがあるから”です。

校長先生が言うことを受け入れる人が多いのは、心のどこかで「この人はすごい人」と感じているからです。

でも何がすごいのか?と考えてみてください。

校長先生のすごいところってパッと出てきますか。

・・・

漠然と『すごい人』『偉い人』と感じているだけではないでしょうか。

おかしいことではないです。

それが普通で、その程度で問題ないのです。

要するに子どもが『すごい!』と感じることが大切なのです。

内容はなんだってかまいません。

「走るのが早い」「釣りが上手い」「ゲームが上手い」「力持ち」などなど…

人によってさまざまですし、何が正解ということはありません。

「お父さんはすごい!」と思わせることができれば、しめたものです。

そうなれば子どもが受け取る言葉の重みが変わってきます。

あなたに対する接し方も変わってくるでしょう。

父親としてとても嬉しいことではないでしょうか。

これだけでも十分満足してしまいそうですが、「お父さんはすごい!」と子どもが思えるようになることには、もう一つの大きなメリットがあります。

それは子どもの自信と安心感の向上です。

「自分にはすごいお父さんがいる」という気持ちを持つことで子どもは安心して生活し成長することができるのです。

いかがですか。

”子どもに言うことをきいてほしい”という悩みの解決方法を探していたはずが、思わぬ収穫があったのではないかと思います。

子育ては悩み、苦労の連続だと言われますが、そういった悩みを解決しようとする努力は大切なお子さんの幸せに繋がると考えています。

かわいい我が子のためにも、いっぱい悩んでいっぱい勉強してこれからも進んでいきましょう!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です