お悩み 仕事 効率化 豆知識

「インプットとしたらアウトプット」を習慣にしよう

人は生活の中で経験したり、勉強することによって様々な知識や技術を自分に取り込んでいきます。

それらを

インプット

と言います。

そしてその経験や知識を使って会話や仕事をすることを

アウトプット

と言います。

人はインプットとアウトプットを繰り返しながら成長する生き物です。

Monozuki
Monozuki

う~ん、イマイチわからん!

って人がいるかもしれないので例をあげます。

インプット・アウトプットの例

一匹のゴブリンがあることを学びました。

これがインプットです。

そしてそれを仲間たちに教えました。

これがアウトプットです。

Monozuki
Monozuki

適当すぎやしないかい…?

インプットしたらアウトプットしよう

インプットしたことをアウトプットすることで考えることが身に付きます。

他にもアウトプットをすることによりインプットした知識をしっかりと再確認でき定着させることができます。

インプットした情報は一日後に約75%忘れてしまうと言われています。

人間は忘れる生き物なので仕方ないですが、少しでも効率よく知識を蓄えるためにはアウトプットをするようにしましょう。

と、簡単に言っていますが

アウトプットする=行動する

ということなので「それはちょっと…」って声が聞こえてきそうですが

せっかくインプットした知識です。

しっかり定着させ、洗練するためにも行動しましょう。

Monozuki
Monozuki

これは勉学にも使えることなので注目!

「インプット型」と「アウトプット型」勉強法

  • インプット型・・・読書、講義を受けるなどの勉強法
  • アウトプット型・・・問題集を解いたりレポートを作成する勉強法

勉強ができる人はインプットしたら必ずアウトプットしているのではないでしょうか。

しっかりインプットしたものをアウトプットすることにより効率よく学習できるというわけです。

Monozuki
Monozuki

ただし、インプット・アウトプットには理想的な比率があるようです。

インプットとアウトプットの理想的な比率

これはズバリ

インプット:3

アウトプット:7

3:7

です!

これが記憶を効率化する黄金比だそうです。

Monozuki
Monozuki

私なりの解釈は…

何かを始める際にまず勉強をします。

それが3割で

その後、実践練習をします。

それが7割です。

「百聞は一見に如かず」

「行動あるのみ

という言葉があるように得た知識を確認するという行動が一番大切だということではないかと考えます。

そういう面でブログはいいアウトプットになるわけです。

「やってみようかな…?」って悩んだそこのあなた!

手順をまとめた記事があるので、これ見てやってみてください!

まとめ

インプットしたことをアウトプットするということは誰のためでもなく自分自身のためになります。

少しでも効率よく知識を蓄えたいというそこのあなた!

インプットとアウトプットの黄金比を意識しながら行動してみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です