トレンド

【新型コロナの影響】国民1人当たり10万円給付される?【緊急経済対策案】

新型コロナの感染が拡大し大惨事になっていますね。

WHOも「パンデミック」宣言をしました。

経済にも大きな打撃を与えて「NYダウ」「日経」も暴落しています。

その影響は「リーマン・ショック」や「東日本大震災」を超えるレベルです。

この危機的状況を打開するために国民民主党から【緊急経済対策案】が出ているようです。

緊急経済対策の概要

  • 10万円給付(国民一人当たり)
  • 消費税5%へ減税(最長2年)
  • 事業者への経済損失補償

この3つの対策案が出ているようです。

【10万円給付】(国民一人当たり)

10万円給付とありますが、どのように給付されるのでしょうか。

現金ではないでしょう。

一番現実味があり効果的な方法は

「期限付き金券」での給付

ではないでしょうか。

現金で給付してしまう貯金や投資などに流れる可能性が高くなり、経済効果が出るのに時間が掛かります。

この対策の趣旨は「今崩れそうな経済を立て直す」ですので、即効性が必要です。

そういう意味では「期限付き金券」が効果的だと考えます。

その他気になるところは

【給付は一度きりなのか?】

といったところでしょうか。

こちらについては一度きりだと思いますが、情報がありませんので待つとしましょう…。

【消費税5%へ減税】(最長2年)

「0%ではないのか!」

と言いたいところですが、今のところ「5%」のようです。

期間も最長2年とのことですが

実際はもっと短くなると考えます。

理由は【期間付き金券】と同じです。

期間を短くすることで「今買っておかないと!」という気持ちにさせることができます。

そうすることで「駆け込み需要」も集中し、即効性が期待できるということですね。

Monozuki
Monozuki

ずっと減税してほしいです(ボソボソ)

事業者への経済損失補償

事業者への経済損失補償とありますが、具体的な内容はまだ確認できていません。

金額にして10兆円規模の対策を考えられているようです。

最後に

今回の【緊急経済対策案】に総額30兆円ほどかけるとのことで

政府の本気度が現れていて「素晴らしい!」と思いますが

「そのお金はどこから?」

「しわ寄せがくるのでは?」

と不安に感じる部分もあります。

そういった部分も含めて今後の動きに期待したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です